症状が強い病気の療法を知る【病気の攻略指南】

症状が出て来た

症状がでたときにはもう遅い

doctor

高脂血症とは血液中の脂肪分が過剰になっている状態です。一般的にはコレステロールと中性脂肪が高い状態を言います。これまでは脂肪があふれているという意味で高脂血症と呼ばれていましたが、実はコレステロールの内、善玉と呼ばれるHDLコレステロールは高い方がいいということがわかったため、現在は脂質異常症を呼ばれることもあります。 高脂血症はそれ自体で症状が出ることはまずありません。長い間、高脂血症が続くと脂肪分が血管の壁にくっつきます。このくっついた脂肪分が多くなると血管の中を流れる血流が減り、それぞれの場所で他の病気を発症します。 例えば心臓の血管が細くなると狭心症や心筋梗塞を起こし、胸痛といった症状が出ます。脳の血管が細くなれば脳梗塞を起こし、麻痺やろれつが回らないといった症状が出ます。

このように、高脂血症は採血の数値が高いだけでは何か症状を起こすことはありません。しかし症状が出たときには、その部分の血管はかなり細いか、詰まっている状態です。特に脳や心臓で発症した場合には突然命に関わる危険な状態となります。 高脂血症にならないために一番大切なのは健康診断をきちんと受けることです。残念ながら、遺伝や体質で高脂血症になる方もいます。また痩せているからと言って高脂血症でないとはいえません。血液検査で正常値であることを確認するのが大切です。 採血でコレステロールや中性脂肪が高いと指摘された場合は、動脈硬化などの検査を行います。数値が軽度上昇であったり、動脈硬化がない場合は食事療法だけで経過を見ることがあります。数値が高かったり、動脈硬化が始まっている場合は内服薬で治療が開始されます。 それまで脂肪分の高い食事をしていた人は、内服薬を始めても食事を見直すことで、のちに内服薬が不要になることもあります。遺伝や体質の方は薬をやめると再び数値が上がることが多く、内服薬は継続となることが多いです。これは将来の脳梗塞や心筋梗塞の予防になることですから、自己判断で薬を中止しないようにしましょう。

子供の専門

doctor

伊丹市の小児科では急な病状に対応しています。しかし、小児科医不足などもあるのも現状です。しかし増える予防接種注射や健診など、数多くの診療にあたっています。また今度、子供に病気に対して必要な診療科目です。

信頼性が高いキット

doctor

現在では、プライバシーを守るために敢えて性病検査キットを利用するケースが増えています。ここ最近は日本でも性病検査キットなどの郵送検診が広く普及しつつあり、今後はさらに検査の出来る項目が増えていくと考えられます。

TOP

受診してみる

doctor

池袋の内科はいくつかありますので、突発的な風邪症状や慢性的な病気まで診てくれるので、気になる方は診てもらいましょう。また病気だけではなく予防接種や特定健診などの健康診断も行っている所が多いです。

Copyright (c) 2015 症状が強い病気の療法を知る【病気の攻略指南】 All rights reserved.